« とうとう来た!王者の戦略ドコモ | トップページ | ペプシネックスは売れるのか?前編 »

レットブルってどうよ?

■本日の自腹額 レットブル×1=240円

06040701thumb 今日はセブンイレブンでレットブルを買いました。

去年ぐらいから日本でも販売されているようですが、
初めて買って飲んでみると、味はオロナミンCと同じような感じです。

発売当初はセブンイレブンでも、棚の中央に8列ぐらい
目立つように並んでいましたが最近は目立たないところに2列程度。

でも、マーケティングで考えると、これって当然の結果ですわね。

スタンダードに4Pで考えると

製品:エナジードリンク→日本にあるスタミナドリンクと同じジャン

価格:240円→オロナミンCよりも高く、リゲインと同じぐらい

流通:セブンイレブンなどのコンビニで販売で自販機はなしで少ない

販促:ちょっと意味のわからないCM

カテゴリとしては、昔からおなじみのスタミナ飲料。

しかもリゲイン系の薬品じゃなくて、オロナミンC系の炭酸飲料だと

思われている割に値段が高くて、これじゃー日本では売れないですわね。

勝てるカテゴリーまで市場を細分化するなどの手法も、
この分野では難しそう。。。。


そこで今日のキーワードは
「いつでも何処でも簡単便利がいい」

日本では販路がせまく、消費者への露出自体が少ないレッドブル
現状ではレッドブルに遭遇する機会自体が少ないですね。

コンビニ業界が成長したのは、24時間営業により「いつでも便利」という
消費者ニーズによるものです。

スタミナドリンクの市場でこれを達成しているものは実はありません。


それでは、今日の提言は
「いろんな自販機に置かせてもらう」です。

オロナミンCなどが一部置いていますが、スタミナドリンクは
炭酸が入っていないものは薬事法上の薬品になるため
自販機には置けません。

そこを突いて、サントリーやコカコーラなどの自販機に置かせてもらい
いつでも何処でも手に入るスタミナドリンクという独自の地位を築くのです。

豊富な資金力をもち、日本でのしがらみのないレッドブルだからこそ
可能な方法だとも言えます。

Banner_03 GOODなブログと思われたらクリックお願いします。

|

« とうとう来た!王者の戦略ドコモ | トップページ | ペプシネックスは売れるのか?前編 »

清涼飲料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/401733/6394754

この記事へのトラックバック一覧です: レットブルってどうよ?:

» 真っ黒けはらぐろマーケティング2.0 [真っ黒けはらぐろマーケティング2.0]
真っ黒けはらぐろマーケティング2.0。  先日、ある噂を耳にしました。なんと、ある有名情報起業家が引退するとの話しなんです。あの人のことなんで、正直に受け止めていいのか、微妙なところなんですが、気になります。 [続きを読む]

受信: 2007年5月13日 (日) 08時46分

» オロナミンC [厳選500社の最新情報]
オロナミンC オロナミンC ロイヤルポリス50本 ×50本 価 格7500円 オロナミンCロイヤルポリスはロイヤルゼリー、プロポリスにハチミツやビタミン類を含んだ健康維持や栄養補給を気遣う人のための、おいしく飲み続けられる炭酸栄養ドリンクです。 http://blog.livedoor.jp/jugem... [続きを読む]

受信: 2007年5月13日 (日) 17時26分

» ネットで他人の力を上手に活用する方法 「【真っ黒け】はらぐろマーケティング2.0!」 → http://haraguromaket.jugem.jp/ [【真っ黒け】はらぐろマーケティング2.0!稼ぎたければ腹黒になれ!【_株式会社ア・ベロン】で稼ぐのはあなた?]
初めまして、いつも楽しく拝見しています。この度「【真っ黒け】はらぐろマーケティング2.0!稼ぎたければ腹黒になれ!【_株式会社ア・ベロン】で稼ぐのはあなた?」というサイトを作りましたのでトラックバックさせていただきました。貴ブログ訪問者である他人の力を上手に活用して大きく稼ぎたいあなたや、もっと簡単にネットビジネスで稼ぎたいあなたには、非常に有益な情報だと思っております。ぜひご訪問いただければ幸いです。なお、本気で稼ぎたい方以外のご訪問はお断りします。万が一不要な場合は、お手数ですが削除く...... [続きを読む]

受信: 2007年5月31日 (木) 10時30分

« とうとう来た!王者の戦略ドコモ | トップページ | ペプシネックスは売れるのか?前編 »