« 豆腐って木綿と絹だけなの | トップページ | レットブルってどうよ? »

とうとう来た!王者の戦略ドコモ

今日は何も買ってないので、駅で見かけたポスターについて

★さて、そろそろ反撃してもいいですか?

DoCoMo2.0

070510211442_1

   
                      

さて、ドコモさんらしからぬ挑発的な広告ですよね。

各方面で賛否両論を呼んでいるようですが、否定的な意見が多いように感じます。
理由として挙げられているのは、
この夏に発売が予定されている新機種の、
HSDPA付きで高速インターネットが使える機種や、
電話番号が2つ持てる機種などでは、「反撃」なんて言えるほど大げさな機能じゃない!

というものです。

でも、僕は「そうでも ないかも」と思いました。

いえいえ、機能の話ではありません。

いま、携帯キャリアを選ぶ時に、機能を基準にする人って少ないと思うんですよね。
アクオス携帯のように人気機種はどのメーカーからも出る時代ですし
ソフトバンクのカラー展開も、すぐに追随されるものです。
だから、最新の機能を使えることが「成功のカギ」にならないと考えています。


そこで、今日のキーワードですが
「王者は全部やって勝つ」です。

携帯キャリアのシェアは、ドコモ55%、KDDI29%、ソフトバンク16%です。
(2006年11月ドコモ広報発表)

シェアが5割を超え王者と言えるドコモですが、
若者への受けがいまいちなのが同社の問題点。
前述のポスターは、KDDIが持つ若年層への支持を取り崩すための
「挑戦的でアグレッシブ」なブランドイメージを狙った広告戦略なのではないでしょうか。

もともと、おじさんおばさんには強いドコモですから、全方位で
若者向けへのブランドイメージを強化し、KDDIの強みを消せることになります。

最後は価格競争にもちこめば、シェアが高くお金がある会社の勝ちですよね。



それでは、今日の提言ですが
「王者は変装してイメチェンする」です。

ドコモって保守本流のイメージがどうしても抜けないと思うんですよね。
もともと電電公社でしたし、これまでの広告活動をみても
そう簡単にKDDIの若者イメージに対抗できるとは考えづらいのです。

そこで、トヨタが若者受けを狙ってアメリカで成功した「サイオン」のように
別ブランドを作るぐらいのことが必要だと考えます。

サイオンでは、アメリカでおじんの車と思われていたトヨタが
Bbなどの個性的な車をトヨタ店と別にサイオン独自の販売店をつくって
若者に大受けしたんですよ。

同時にトヨタのブランドはそのままなので、おじさんにも売れ続けました。

だから、ドコモも若者向けの新ブランドを作り、販売はセブンイレブンなどのコンビニで
販売するなんてどうでしょう。
モバゲータウンと提携して「モバゲータウン携帯」なんてのも面白いですよね。



Banner_03 GOODなブログと思われたらクリックお願いします。






|

« 豆腐って木綿と絹だけなの | トップページ | レットブルってどうよ? »

サービス業」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
mixiのkayさんの日記でゼニガメさんのブログを知りました。

約4年前は「女子高校生はドコモを欲しがっているが価格で仕方なくauを選ぶ」という調査結果を聞いたこともありましたが(疑問も感じてましたが・・・)、今やau、若年層を掴むのに志向しましたね(「リスモ」など)。

>「王者は全部やって勝つ」です。

まさにマーケット・リーダーの戦略ですね。
auの強みを潰してしまおうという。

>最後は価格競争にもちこめば、シェアが高くお金がある会社の勝ちですよね。

マーケティングの定石です。
果たしてauはどこまで逃げきれるか?

>「王者は変装してイメチェンする」です。

ご提言の通りだと思います。
サブ・ブランド構築もありですし、
今回の「DoCoMo2.0」のコミュニケーションを継続的に展開していくことが肝要でしょう。

投稿: 井上秀二(mixi:アクトン・ベイビー) | 2007年5月17日 (木) 00時05分

井上さん初めまして、コメントありがとう
ございます。


広告代理店でプランナーをやっている
ゼニガメと申します。

「アーティストブランディングアナリスト」


なかなかコンセプチャルで
実利も感じられるネーミングですね。


広告業では、イラストレータや写真家などの
アーティストに仕事をお願いすることが
多いのですが、彼らには
マーケティングという概念は薄いですね。

著名アーティストになっている人も
たまたま知名度がある賞をとった
みたいな感じだとおもいます。(笑)

ところでこのブログは、マーケティングの勉強を兼ねて、
自分が何か買ったときに感じる
マーケティングの「あれこれ」を
書いていこうと思っています。

コメントを頂けると、勉強にもなるので
今後ともよろしくお願いします。(^^)

投稿: ゼニガメ | 2007年5月17日 (木) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/401733/6385145

この記事へのトラックバック一覧です: とうとう来た!王者の戦略ドコモ:

» ドコモのアクオス携帯 [ドコモのアクオス携帯]
ドコモのアクオス携帯に関する情報をお届けしています。 [続きを読む]

受信: 2007年5月29日 (火) 09時31分

» ソフトバンクのアクオス携帯 [ソフトバンクのアクオス携帯]
結ソフトバンクのアクオス携帯に関する情報をお届けしています。 [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 13時45分

» 液晶アクオス シャープのデザインの魅力 [液晶 アクオス シャープ]
液晶アクオス シャープには誕生以来のデザインコンセプトとして守り続けていることがあるようです。そ... [続きを読む]

受信: 2007年6月 6日 (水) 02時18分

« 豆腐って木綿と絹だけなの | トップページ | レットブルってどうよ? »