« 公共展示会の限界 | トップページ | 安全が売りのスーパーってないの? »

眼鏡のユニクロ登場か!?

070812095241

■今日の自腹額 メガネ一式 16800円 

メガネのレンズが傷だらけになり新調することにしました。

そこで、通りかかった「Zoff」という店に何気なく入っていみたのですが
ちょっと驚くことがたくさんありました。

僕が行ったのは渋谷マークシティなんですが
周囲のイメージにマッチしたオシャレな店舗で、
サービスもよくいい雰囲気でした。

そして、商品(メガネ)のデザインもなかなかいい感じで
若者向けですが、ラインナップも豊富。

なにより驚いたのは、価格の安さですね
僕はド近眼なのでレンズ代が高くつき、だいたいつも5万円ぐらい
かかってしまうんですが、「Zoff」では16800円。
普通の近眼だと一式9800円とと驚異的な安さですね。

でも、眼鏡の仕上げ具合を超細かく見ると
従来の高ーいやつに比べちょっと粗い面もありますので

中の上ぐらいのクオリティでしょうか。

■今日のポイント

低価格で中の上クオリティは売れる

「Zoff」を見ているとユニクロがブームになったときのことを思い出します。

日本のファッション業界も、高価格ハイクオリティと
低価格でロークオリティなものに分かれていました。
でも、多くの人が望んでいる「低価格で中の上」というのが
ボリュームゾーンなんですよね。

そこを突いたユニクロは急成長を遂げ、
一時はカジュアル衣料業界の5割のシェアがありました。

■今日の思いつき

「Zoff」はインターメスティックという会社さんなんですが
ここ数年で急成長をとげ、ここ2年で店舗数が
20店から50店に増え、来期から上場の予定です。

日本の眼鏡業界の市場規模は6000億円あまりなので
今後さらなる成長が期待できます。

こんなふうに、高価格でハイクオリティと
低下価格でロークオリティな商品しかない業界を見つければ
ユニクロやZoffのように成功を収めることができますよね。

たとえば、宝石や結婚式、お墓などの価格が不透明な業界でも
同じようなインパクトが可能でしょうね。



Banner_03 GOODなブログと思われたらクリックお願いします。

|

« 公共展示会の限界 | トップページ | 安全が売りのスーパーってないの? »

メーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/401733/7506359

この記事へのトラックバック一覧です: 眼鏡のユニクロ登場か!?:

« 公共展示会の限界 | トップページ | 安全が売りのスーパーってないの? »