« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

【回答編】頭の体操

“ネパールでどうやって船を売るか”

これは、アイデアをいきなり出すよりも、
答えの方向性をロジックで網羅する必要がある問題だと思います。

まず、大きく分けると
ネパール人に売るかネパール人以外に売るか

ネパール人に売ろう

ネパール市民に売るか、ネパール政府に売るか

ネパール市民に売ろう

船が必要な状況を作るか、船が必要だと思わせるか

船が必要な状況を作ろう

物理的な状況か、心理的な状況か

物理的な状況を作る

ツリーで考えるため、この段階でだいぶ条件が網羅されます。
そして、各条件の具体的なアイデアを列挙していきます。

物理的な状況を作る場合ですが
たとえば、
●ネパールの国中に巨大運河を引いて、車を使用禁止にする。
●地球温暖化を加速させて、国中が海に沈む寸前にする
● 船を家として使うように法律を改正するとか
●船を買った人に莫大な補助金を出す制度を政府援助で作るか

など、
まー、ちょっとイマイチな感じもしますが
範囲を細分化するほうが経験的にも考えやすくなるんですよ。




| | コメント (0) | トラックバック (1)

頭の体操シリーズ(1)

ちょっと、知的体力を高める頭の体操です。

以前何かで読んだ、マイクロソフト入社試験の問題だと思うんですが

“ネパールで大型船を売る”にはどうすればいいのか? 
です。

ちなみにネパールには湖はあっても海がありません。

さて、どんなオプションが考えられるでしょう。


Banner_03 GOODなブログと思われたらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星のやに泊まってきました その1

■本日の自腹額 二泊三日×三人=25万円ぐらい

先日、軽井沢にある「星のや」に泊まってきました。

ここは、経営者がリゾートの再建人で有名で、
全国の旅館やホテルを立て直しているんですよ。


Image1

Lightbox_hillside2f_s_1

敷地内は、それぞれが独立した建物で、一戸建ての集合したような趣です。

しかも、石垣や板張りで古い日本家屋のような外観
室内に入ってみても障子や和紙などオシャレに使われていて
屋外と室内で非常に完成度の高いジャパニーズモダンが展開されていました。

泊ってみて感じたのは“なんだか落ち着くな~っ”ていうことでした。

■今日のポイント

落ちつきと、非日常の両立が、大きな魅力になる。

 

「星のや」の従業員の方と話してみると、彼らの言葉の端々に
“非日常”という言葉が出てきました。

ホテルや飲食業などではよく言われる“非日常”という言葉ですが
インパクトはある半面、
例えば、氷でできているアイスバーのように、
落ちつきとは程遠い空間になる、もろ刃の剣でもあります。

でも、くつろげないホテルって嫌ですよね。

「星のや」はこの問題を、徹底的なジャパニーズモダンで解決。
とてもオシャレで“非日常”なのに
掘りごたつや、和紙の壁などで落ちつける空間をつくっているんですよ。

“非日常”というのは、やや使い古された言葉でだと思っていましたが、
落ちつきという本来は相反するものと両立することで
とても、大きな魅力になるんですね。

宿泊料金は一人一泊2万円前後で割と高い方ですが
それ以上の魅力があると思いました。


Banner_03 GOODなブログと思われたらクリックお願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

これからは人間臭さがキーになる

Img409


Img411

■今日の自腹額 100円 串焼きパン

 
近所にある世田谷公園を散歩していると
自分で竹さおに材料をつけて
たき火でパンを焼いて食べるというイベントをやってました。

 たき火にかざして焼くので、結構時間がかかるのですが
なかなか楽しい体験でした。

 
●今日のポイント 

 トレンドは効率から人間臭さ

 
最近、世の中の流れがちょっと変わってきたように
感じます。
効率化とスピードの時代から、より個性的で人間くさいものが
価値を持つようになってきましたね。

 
例えば、スーパーには売ってない個性的な商品を求める
おとり寄せのブームとか
お節介なほど人間くさいサービスの居酒屋が
流行ったりしています。

 この流れをいろんな分野に応用できそうですよね。

 例えば囲炉裏があって自分で串に魚を刺して焼く
スローな居酒屋なんてどうでしょうね

 できたら通っちゃいそうだなあ、、、、

 

Banner_03 GOODなブログと思われたらクリックお願いします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »