小売店

安全が売りのスーパーってないの?

Ff_yutenji

先日、うちの近くの祐天寺に行った時のこと
駅前に自然食品のスーパーがあるのを発見しました。

F&Fという名前の店で、無農薬の野菜や
無添加の食品がたくさん置いてありました。

店構えも悪くなく、従来の自然食品の店に比べて種類も
豊富なんですが、やっぱりかなり高いいんですよね~
値段にすると、普通のスパーの軽く2倍以上はします。

最近、中国製食品が世界中でトラブルを起こしているので
食の安全は気になるのですが、こんなに高いと
ちょっと躊躇しますよね。

■今日のポイント

ユーザー視点で考えると
物事が違って見える。

ちょっと古い話ですが、ホンダおステップワゴンや日産のセレナのような
ワゴン車を売る時には、車の性能なんてほとんど広告で言っていませんでしたよね。

「ワゴン車を買うと、こんな楽しい生活が送れますよ」というように
モノより体験を売りにしていました。

日本人が豊かになり、みんなに物がいきわたった現在では
こんなふうに、買った人をどんな状態にしてくれるのかを伝えることが、
キーになります。


■今日の提言

そう考えると、自然食品の店ってかなりプロダクトアウト
つまり、メーカー中心の発想だと思うんですよ。

みんなが、ほしいものって「自然食品」じゃなくて「安全な食生活」ですよね。

そいうふうに、顧客の視点で考えると無農薬ってスペックオーバーな
感じがします。

安全という選択基準で考えれば、別に無農薬や有機栽培じゃなくても
もっとたくさんの農産物が
当てはまると思うんですよ。

値段は従来の1.5倍ぐらいで
バイヤーさんが「安全」という基準で選別した食品を置く
そんなスーパーがほしいなーと思う今日この頃です。


Banner_03 GOODなブログと思われたらクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

場所にあった戦略練ってる?

今日は消費活動ではなく
街をで見かけた、違和感を感じたコンビニのお話です。

違和感といっても、それはお店が変わっているとかではなく
出店場所に違和感を感じたんですよね。

場所は本の街神保町のメトロの駅ナカなんですが、
そこに「ナチュラルローソン」を発見しました。

ナチュラルローソンと言えば、女性ターゲットのオシャレな文具や、
本格指向でヘルシーな食べ物が売りですよね。

そして、ふつうのコンビニよりも単価は高めです。

でも神保町って「本の街=オジサンの街」の印象がありませんか?
もちろん出版社も多い場所なので、
女性もたくさん働いており、女性をターゲットにすることが
間違いだとは言い切れないのですが、、、

駅ナカというライバルに比べ
圧倒的に有利な場所を確保しているのに
わざわざターゲットを狭める必要が
あるんでしょうか?

なんとも、違和感を感じた目撃談でした。


Banner_03 GOODなブログと思われたらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お客さんに、何度も来てもらう時代

Globe_garden2

■今日の自腹額 ビアガーデンで軽く飲み食い2000円

今日は近所にある「グローブカフェ」の季節限定
ビアガーデンに行ってきました。

ヨーロッパ風の優雅な庭での大人のビアガーデンといった感じで
なかなかグッドでした。

この「グローブカフェ」というのはアンティークショップに
カフェが併設してあるお店で、
カフェでお茶しがら、展示してある家具を見たり買ったりできる
一石二鳥のシステムなんですよね。

近くを通りかかっても、カフェはだいたい混んでいるので
なかなかの繁盛店のようですが、
アンティークというニッチな市場でよく頑張ってるなーっという印象です。

■今日のポイント


償却済みの資産を使って
顧客シェアを高めると儲かるぞー



市場規模が大したことなく、そんなに成長しそーもない市場で儲けるには
「市場シェア」ではなく「顧客シェア」という考えたがキーになります。

つまり、同じお客さんになるべくたくさん買ってもらおーっていう作戦です。


ルイビトンのファンは、ビトンのバックを何個も買うような感じで
ロイヤルカスタマーを増やしてそれを維持することができれば
価格競争をすることもないですから
利益率を高める=儲けることができるわけです。

しかし、そのために新たな費用が発生すると
儲けることが難しくなります。

「グローブカフェ」のように、もともと店にある物や人
つまり、償却済みの資産を活用してイベントを開催すれば
お金は実費以外かかりませんし

ブランドイメージにあった知的なイベントが
顧客への継続的なアピールと
ロイヤルカスタマーの育成にもつながります。


という分けで、うちの近所でスモールビジネスを継続させる
方法が分るという貴重な体験でした。

Banner_03 GOODなブログと思われたらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

期待に応えないブランドの運命

Img83125214zik8zj

■今日の自腹額 セブンとdancyuのカレー550円

この間、記事を書いた「大人のにぎり飯」に続いて、
グルメ雑誌の「dancyu」とセブンイレブンのコラボレーション企画
「南インド式粗挽き黒胡椒チキンカレー」というものが発売されていたので
買ってみました。

さすが、グルメ雑誌の監修だけあって、本格的なカレーに仕上がっていました。

そこで、思い出したのが、以前ampmが出していた
ボクシングの亀田弁当です。

ボクサーの亀田選手にちなんでヘルシー系の弁当を発売していましたが
全く売れていなかったようです。

食べてみた感じは、まあまあの味でしたが。。。。

 

当時は、ブームで人気もあった「亀田弁当」失敗の原因は何でしょうか?

■今日のポイント

期待されないことは成功しない

「dancyuカレー」と「亀田弁当」の違いは何でしょうか?

それは、ブランドが期待されていないことをしても
なかなか、お客さんは買ってくれませんよーってことです。

例えば、コカコーラがエビの養殖事業をてがけ失敗したのはご存知ですか?
世界中に商品を供給するノウハウを生かして、ハワイでエビを養殖
それを世界中に売る計画があったんですよ。

でも、見事に失敗。
どんな場所でもビジネスをするノウハウや人材はいましたが
コカコーラは「美味しい飲み物を供給する」という
期待を背負っている会社で、
誰もエビは買ってくれなかったそうです。

そんなわけで、dancyuとセブンイレブンの共同企画は
なかなか巧みな作戦だと思いました。

他のブランドと共同で何かをするときは、
単に有名だからではなく、

何を期待されているブランドなのかを意識するとGoodですね。


Banner_03 GOODなブログと思われたらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

セブンの柿ピーはすごい!

070704201057

■今日の自腹額 セブンイレブン柿ピー 120円

先日、セブンイレブンで柿ピーを買いました。

こだわりの柿ピーという商品で、周りを見てみると同じような名前の
商品がたくさんありました。

富しげとうブランド名が書いてあったので気づきませんでしたが
これってセブンイレブンのオリジナル商品。
いわゆるプライベートブランドというやつなんですね。

周辺を見てみると、おつまみ類なんかも
一見プライベートブランドに見えない商品がいろいろありました。

■今日のポイント

プライベートっぽくないプライベートブランド

コンビニ業界では売り上げの伸びが止まり、どうやって利益を増やしていくかが
テーマになっています。

そこで、鍵を握るのがオリジナル商品、プライベートブランドを増やしていくことです。
全コンビニ中でも一番の利益を上げているセブンイレブンは
その比率も54%と一番です。

そして、一見ふつうの商品に見えてしまうほど
品質も頭一つ抜けています。

近所のファミリーマートやampmにも行ってきましたが
明らかにオリジナル商品と分るものばかりで、品質は良くなさそうに見えました。

こういうきめ細かいマーケティングの結果
日販(1店舗当たり平均日商)は65万円という競合他社を30〜40%上回る
営業力の源泉なんでしょうね。

・今日の出典

アナリストに聞く 今のコンビニ業界
http://www.nikkeibp.co.jp/archives/331/331686.html


Banner_03 GOODなブログと思われたらクリックお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

びっくり商品!? 大人のにぎり飯

070706231125

■今日の自腹額 セブンイレブン・大人のにぎり飯 550円

帰りにセブンに寄ったところ「大人のにぎり飯」という商品が発売されていました。

大人のおにぎり?? いったい何だろう? 

と思って思わず買ってしまいました。

そして、家に帰ってまたびっくり、単に具材が高級なだけじゃなく
なんと、ノリ、塩、ご飯、がばらばらに入っていて
「自分で組み立てる」というコンセプトなんですね。

これは、なかなか楽しい商品ですね♪



■今日のポイント

「オモシロそー」を形にしちゃおう

話は変わりますが、タコ箱ってご存知ですか?

タコ壺のように海に沈めて引き上げることで、タコを捕まえる漁のことです。

ある自治体が町おこしの一環で「タコ箱のオーナー募集」という
イベントやったことがあります。
タコ箱を5回引き上げる権利を買って、とれたタコをプレゼントという権利です。

運が良ければタコが沢山。
その逆だと成果ゼロということもあり得るリスキーな権利なんですね。

はじめは50人分を用意して人数分来ればいいな、というふうに思っていたのですが
なんと4000人もの応募者が殺到。

役場では急いで100人に定員を増やしましたが、
最終的には二万人の応募者が集まったそうです。

でも、これって、別にみんなタコがほしいわけじゃーないんですよね。

「タコ箱のオーナー」というなんだか「オモシロソー」なことに
反応したってことだと考えます。

セブンイレブンの「おとなのにぎり飯」も高級感や
商品のもつワクワク感がパッケージからも溢れてくる商品です。

オモシロソーというのは、感性マーケティングというちょっと怪しげな分野の考え方ですが。
消費者が必要を満たしている今の時代だからこそ
重要なキーワードになりますね。

さすがに、マーケティング先進企業のセブンイレブン、
なかなか意欲的な挑戦だと思います。

味も、本格的で、また買ってもいいかなっと思いました。


Banner_03 GOODなブログと思われたらクリックお願いします。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人のミスタードーナッツもいいかも

070504191054 ■本日の自腹額 コーヒー×1 ドーナッツ×2=800円ぐらい

少し前にオープンした、ミスタードーナッツの高級版「アンドナンド」にいってきました。
場所は駅からちょっと離れた渋谷公会堂のすぐ近くです。

ミスタードーナッツって都心部ではあまり見かけないですよね
店舗が郊外の駅前にあり、学生や主婦が主なターゲットで
ドーナッツ単価も100円ぐらいだったと思います。
そういう学生市場ではそれなりの安定勢力なんでしょうが
人口減少などを考えると今後の成長は望めません。

そこで、クリスピードナッツなんかが進出している
ビジネスマン市場の存在に気がついたようですね。

実際に行ってみると、ゆったりとしてオシャレなテンポに、
ドーナッツやコーヒーのクオリティも高く
大人の要求水準はクリアしてると思いました。

070504191947_1

■今日のポイント

大人になって忘れたことも、きっかけがあれば思い出す。


例えば、大人向けの豪華ガンプラや学研大人の科学など
子供のころに夢中になったものがパワーアップして蘇ると
また、ヒットすることがありますよね。

ドーナッツも大人になると、食べなくなりますが。
機会がないだけで、突然嫌いなったわけじゃないと思うんですよ。

もちろん大人の味覚に合わせて、甘さや脂っこさを抑える必要はありますが
ある程度のニーズはあると考えます。

だから「大人のミスタードーナッツ」、なかなか有望な事業だと思いますよ。


プラモやドーナッツ以外でも、パワーアップして蘇ることでヒットする商品ってたくさんありそうです。

例えば、子供のころ夢中になった昆虫採集とかどうでしょう。
大人になって知識が増えたので、
勉強しながら季節の昆虫を採集し同時に運動にもなる。

学研あたりが出版事業でやるといいかもしれませんよ。

Banner_03 GOODなブログと思われたらクリックお願いします。

・今日の出典

ビジネスメディア
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0704/20/news100.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネット服屋の可能性


■今日自腹額 ジャケット1+シャツ2=16200円

ネットで服を買いました。
昔はヤフーオークションで買っていましたが、決済が面倒なのですよ。

そこで、最近はもっぱら楽天で買っています。
リアルより安くて、決裁もスピーディーなので重宝しているのですが、
店舗がものすごく多くて、どこから買っていいのかちょっと迷います。
楽天のトップページを見ると契約店舗が58,000店、ファッションだけでも
数千店はあると思います。

商店街効果なんて言葉もあるように、小さな店でもたくさん集まると
にぎわうことは以前の記事でも書きましたが、これはちょっと多すぎますよね。

■今日のポイント

小集団でその他大勢から抜け出せ

例えば「109」にはエッジのあるガールズブランドが集まっていたり、
「マルイ」には個性はあってもぶっ飛んだものは避けてあったりと
ファッションビルごとの特徴ってありますよね。

これらのファッションビルは
百貨店のようにどんなブランドでも入っているのではなく
ベクトルの近しいブランドが一か所に集ることで
各店舗ごとの強みを出しながら、グループとしての特徴を作ることに成功しています。

■今日の提言

ネットのファッションビルって、あるといいな

楽天市場は、その名の通り市場で、
ありとあらゆる物が一緒に売られている感じがしますよね。

どの店舗も楽天のフォームを使っているからなのか
見た目も似たようなもので、どこに行けば好みの服があるのか
探すのが結構ストレスです。

それを解消するため、ベクトルの近い店舗がいくつか集まって
ネットのファッションビルのようなものを作るのはどうでしょうか。

例えば、ラフォーレのように「とんがってる」ぐらいの緩いベクトルで
20ぐらいの店舗を集めてショッピングサイトを作れば、
楽天市場のごった煮を脱出できると考えます。



Banner_03 GOODなブログと思われたらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ネットで靴を買いました。

070524100112_1

■本日の自腹額 靴×1足=10,500円 

みなさんはネットショップで洋服や靴を買ったりしてますか?
僕の場合、服や靴なんかはリアル店舗より半額以下で買えるため、もっぱら楽天やヤフオクです。

でも周りに聞いてみると、本や家電を買っている人は珍しくないですが、服飾系を買っている人はいないんですよね。原因を探ってみると、買ってもサイズが合わないのではというのが一番のネックのようです。

ネット通販歴が10年近い僕でも、たまーにサイズの合わないモノを買ってしまうことがあるので、確かに不安はありますよね。

しかし、海外に目を移すとアメリカのネット通販では服飾部門が一番の成長をみせ、それ以外の部門を総額でも上回っている状態です。
アメリカの靴通販事情→http://usbizdirect.com/americanbiz.html
日本でも、サイズ問題をクリアする手法があれば、服飾系のネット通販はもっと伸びるのではないでしょうか?


■今日のキーワード

顧客はボーダレスで簡単が好き。

例えば、「スイカ」と「パスモ」が登場する前は、バスと電車と地下鉄のカードはそれぞれ別々でしたよね。でも「パスモ」が出たことで益回りの電子キャッシュかが一気に進んでいます。
「パスモ」ではあまりの人気にカードの在庫が不足して、8月まで販売が制限される事態です。交通で使え、電鉄系の百貨店やコンビニでも使える、スカイ&パスモはますます広がって行くことでしょう。


■今日の提言

僕がよく利用する、靴のサイトでは「26サイズの店長がはいてピッタリ」などの言葉を参考にサイズを選ぶことができます。
これは、けっこう目安になるんですが、他のサイトでは使えないんですよね。

そこで、どのサイトでも使える共通サイズサービスを導入するのはどうでしょう。イメージとしては、専用のウェブサイトを作り、顧客はメジャーを用意してもらう。簡単なガイドにそって数字を入力してもらい登録が終了。
すると、どの通販サイトにいっても「このメーカーのMサイズの服は自分にあうか」ということが即座に分かるのです。収益モデルはちょっと悩むところですが、消費者の登録は無料で、加盟店から会費を貰う感じでしょうか。

こんな仕組みを導入できれば、神経の細やかな日本人ももっとネット通販で洋服買うようになるのではないでしょか。
伸び悩んでいる、日本の服飾ネット通販が盛り上がること確実だと思うのですが
いかがですか(^^)


 


Banner_03 GOODなブログと思われたらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

伊東屋って商品力あるけど

■本日の自腹額:ポストカード×2=800円

記念すべき第一回は、文具屋さんの伊藤屋です。

今日は会社の帰りに伊東屋渋谷店で、ポストカードを買いました。
組み立てると、お店になるものや
花差しになるものなど最近のポストカードは凝ってまね~

Post_2

ポストカード以外にも万年筆や革製のスケッチパッドなど
普通の文具店にはまず売ってない“いい感じの”の
アイテムがたくさんあって、

さすがに老舗、マーチャンダイジングは優れているな~っと思いました。

でも、商品力に比べて、店舗やマーケティングに課題がありますね。

Hurui_1


近くにはロフト渋谷店がありますが、そこの文具売り場と比べると
センスという点でかなりの差を感じます。

10年ぐらい前の伊東屋は、海外メーカーの文具などが置いてあり、
デザイナー御用達で文具の潮流を作り出す先端のブランドだったんですよ。

僕も、神楽坂にあった会社からわざわざ銀座の伊東屋に通ったものです。

でも、、、、

今では、東急ハンズやロフト、無印良品などデザインがいい文具を置く店が結構増えてきました。

老舗ブランドが油断しているうちに他の会社に追いつかれて
いつの間にか置いて行かれたという状況でしょうか?
最近話題の不二家などを見ても強力なブランドを持つ老舗は
時代の変化に乗れない例が増えてきていますね。

「先端の商品を置く文具屋」という事業コンセプトが古くなったいま
新しいコンセプトが必要なのではないでしょうか。
たとえば、フランフランなどは中間価格帯で、洗練された生活を提案するブランドコンセプトがありますね。

そこで、今日のキーワードは
「超成熟市場ではファッション化が進む」です。

たとえば、家具の業界では最近「フランフラン」が元気ですよね。
家具は実用用途がすでに満たされて超成熟市場だと思われていましたが

中間価格帯でのファッション化とハイセンスな生活の提案という
強力なコンセプトで若者の支持を集めています。

文具世界にでも100円ぐらいの実用品と、数万円する海外製のペンなど

価格の上下がちょっと極端ですよね。

というわけで、今日の提言です。

伊東屋はまだまだ健在なブランド力と、商品力を生かして
フランフランのような中間価格帯を狙ったファッション化を目指すべき。

というわけで第一回の終了です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)